2005年04月02日

年金の支給ミス。未払いの方が多い不思議。

今日の新聞記事から。

社会保険庁が、年金の支給ミスをしていました。金額は380億円。その金額の多さにも吃驚しましたが、もっと驚いたことがあります。

それは、過払いが91億円。未払いが289億円の部分です。笑えるのは、同じ間違いでも、支払額を少なく間違えるほうが多かった点です。

えらい。無意識のうちに少なく間違っているとは。

ところがこれは無意識ではないんですね。ひとつ思い出したんです。

以前に同僚で、むかし社会保険庁に勤めていた人がいました。

その人の話では、年金を受け取りに来た人が、書類を書き間違え少なく受け取るような状況だったので、それを教えてあげたとのこと。

そうすると、後で上司に呼ばれて、お客さん(そう言ったかどうかは定かではありませんが)が、気付かなかったら、「余分なことは言うな」「間違えたのは先方で、コチラには教える義務は無い」と、強く叱責されたとのこと。

今日の新聞記事で、それを思い出してしまいました。

ちなみに、その同僚は30年も前に社会保険庁に務めていたのですから、今日の新聞記事は、その時となにも変わっていないことを証明しています。これには不思議と言うか、驚きでもあります。

昔と現在の違いは、厚いベールに包まれた情報でも、簡単にインターネット等を通じて、世間へ知れてしまうことです。

官庁にとってはつらい世の中でしょうが、私たち市民にとってはインターネットほど強い見方と言うか、道具はありませんね。

この道具、上手に使いたいものです。




posted by タラバ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(2) | 社会と身の回り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。