2007年10月09日

郵政省の民営化は形から

郵政民営化で、大きな問題ではありませんがひとつ。

今月に入ってはじめて、金曜日に通常貯金用の払出用紙に捺印し郵便局へ行きました。

自宅に保管してあった払出用紙で。

ところが民営化後の10月に入り、払戻請求書の用紙が変わり、その用紙は古いので、払戻が出来ませんというではありませんか。

変わったのは紙が縦から横になっただけで、あと記入欄はほぼ同じ。

なんでこうなるんでしょう。


郵政省の民営化後も、こちらは、住所も、印鑑も変えていません。


民営化ということであれば、お客様を大事にすることが肝要で、用紙を変えたのは、お宅の勝手でしょ。

記入欄の中身が同じで、用紙の向きが違うだけなら、綴じる不便ささへ我慢すれば済むはずです。

その不便も一時の話。

こちらは、週末にお金が必要だということで、貯金を下ろしに行っているわけで、お客さんが困らないようにしてほしいものです。

で、火曜日の今日、再度御所定の用紙に捺印して現金を下ろします。

郵便局の民営化って、形から入る?
posted by タラバ at 08:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 郵政省の民営化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。