2005年10月25日

アメリカ産牛肉解禁まで秒読み

アメリカ産の牛肉輸入が、解禁になりそうです。

止って考えて見てください。

これは日本の消費者の為になるのでしょうか。

じゃぁ誰の為?

アメリカの牛肉生産者の為。これはだれでも解ります。次に生産者に突き上げられるアメリカ政府の為でも有りますね。これも理解できます。

日本の政府はどうでしょう。官僚や政治家は自分のために輸入をしようとしています。いや違うかもしれませんが、そう見えます。

日本の牛の生産者のことも、考えてみてください。

日本の牛はトレイサビリティで、生まれてからの履歴を100%把握しています。やっとここまで来たと言う感じです。

これは牛の生産者の為でもありますが、消費者の為なのです。

アメリカ産牛は、20ヶ月未満の牛だけ解禁ですが、20ヶ月未満かどうかは正確に解るのでしょうか。

私は肉屋ですから、不満はありません。しかし、食べる消費者でもあります。そう考えると、不満はありませんが、不審だらけなのです。

いまのままのやり方で日本に受け入れられるのか、疑問ですね。もし受け入れたとしたら、日本人に疑問を感じます。



人気blogランキングへ
posted by タラバ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(1) | BSE、鳥インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8576938

この記事へのトラックバック

横内正・堀越陽子離婚危機:若貴騒動再来?/米国牛肉輸入再開間近?
Excerpt: ↑拙作です↑1. 横内正・堀越陽子離婚危機:若貴騒動再来?日刊スポーツから:格さん浮気か…横内正離婚危機 テレビ時代劇「水戸黄門」の初代格さんで知られる俳優横内正(64)が、24年間連れ添った元女優の..
Weblog: メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記
Tracked: 2005-10-25 19:31
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。