2007年01月16日

不二家への行き過ぎたパッシング

消費期限切れの牛乳を使ったことから始まった不二家の騒動は、エスカレートするばかり。
 
とうとう社長が辞めることになった。
これで終わらず、今は大手スーパーも不二家商品は棚から撤去する方向へ動いている。

食品を扱う企業のモラルとして最悪の状況は当然。パッシングにあっても文句も言えないだろう。

 

しかし、マスコミに出ただけでも十分罰を受けているような気がする。こんなにいじめなくてもいいのではないだろうか。

やりすぎたパッシングの被害は何処へ行くとお考えでしょうか。マスコミさん、大手スーパーさん、官僚さん、政治家さん。
 
こんなことをしたのは不二家に限らず、経営者や経営幹部の長の付く人でしょう。社長、部長、課長、係長。

一般の従業員やパートさんに、罪はあっても罰を与えることはないだろうに。


いつも、最後には弱い者がかぶる。
 
これには納得いかない。

posted by タラバ at 10:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 社会と身の回り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:30
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 15:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。