2006年01月25日

米国(アメリカ合衆国)の牛肉、再度輸入停止になる

レモンが好きなんです。

レモンを皮の付いたまま丸かじりするのが好きで、いつものようにそうやっていたら、野菜屋のお兄ちゃんが、「やめたほうがいいよ」と。

「レモンは米国から輸入しているんだけれど、日本向けのレモンは害虫を退治する為に消毒の沢山入った水層くぐらせているんだよ」とのこと。

『なに、このレモンの皮には、消毒液が付いているんだ』。

『自分達が食べないから、なんでもありなんだな』と、かなり前の話なんで、いまはそんなことをしていないでしょうが、当時の驚いた記憶を思い出しました。

BSE問題で米国の牛肉が輸入停止になっていましたが、やっと輸入が再開された牛肉は、取り除かなければならない部位をつけたまま日本に輸出したとのことで再度輸入停止になりました。

『まだ、同じことをしているんだ』

さてこれは何を言いたいのでしょう。

私は、新聞記事を見て政府の対応に憤慨したり、米国を非難したりと対応はそれぞれですが、『自分の身は自分で守ること』と、この基本に立ち返ることの重要性をここに学びたいのです。

自分自身、大事な家族。また、一緒に働く同僚と、自分を中心にして同心円を描き、その円の中にある人は、縁のある人です。

この人たちを守らなくて、自分を守ることは出来ないのです。


面白いと思ったら是非人気blogランキングへ
posted by タラバ at 09:03| Comment(0) | TrackBack(5) | BSE、鳥インフルエンザ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入
Excerpt: Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 米国産牛肉、再び輸入禁止…危険部位が混入 政府は20日、輸入された米国産牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(??
Weblog: 雪ノ助、世の中それでいいのか―ニュースブログ―
Tracked: 2006-01-25 09:57

やはり再度の米国産牛肉輸入停止(追記あり)
Excerpt: 20日付産経新聞と同日付毎日新聞が報じている。輸入再開の折に、私自身がブログで記事にしたことはなかったが、20ヶ月以下(全頭検査なし)の牛に限定された輸入条件には、いささか疑問を感じていたのは事実であ..
Weblog: 時評親爺
Tracked: 2006-01-25 10:17

BSEの危険度についてスーパーに車で行って事故にあう確率の方が高い
Excerpt: とアメリカは主張しているそうだが。 交通事故の確率に関してはいろいろ調査があると思うのだが、スーパーに車で行ったときに事故にあう確率ってどの程度なのだ? ちなみに、交通事故にあう確率というの..
Weblog: Phinlodaの今日の戯言の裏ページ
Tracked: 2006-01-25 15:51

アメリカ産牛肉、再び輸入停止
Excerpt: 再開から1ヶ月で、再びアメリカ産牛肉の輸入が停止された。 BSEの原因物質・プリオンがたまりやすい脊柱部分が混入していたことがわかったためである。 アメリカ側も非を認め、処理体制の再点検を行う模様..
Weblog: 虎哲徒然日記
Tracked: 2006-01-25 19:27

米国産牛肉、再度の輸入禁止
Excerpt: 先月16日に輸入を再開した米国産牛肉ですが、再度の輸入禁止に・・・。 成田空港で検疫中の輸入牛肉に危険部位である脊柱が見つかったことから、 今回の停止措置となったものです。 個人的には「吉野家の..
Weblog: だんなの屋根裏部屋
Tracked: 2006-01-25 22:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。